平成30年度 第1回定例議会

2018年04月24日

●一般質問

~世田谷ガリレオコンテストの発展~

質問:区立中の生徒が科学に関するさまざまな研究を行う世田谷ガリレオコンテストの発表会が1月に烏山区民会館ホールで開催され、入賞者が立派な発表を行った。こうした子どもの才能や自然科学などへの好奇心を育成する大変有意義な取り組みを今後も推進せよ。
答弁:生徒の才能や好奇心を大切にし、それを表現する機会としてコンテストの一層の充実に努める。
 

~14歳の成人式の充実~

質問:区立中2年生の生徒会代表者が、豊かな中学校生活を送るためのメッセージを1年生に伝える14 歳 の成人式が2月に世田谷区民会館で開催され、中学生らしい工夫を凝らした発表が行われた。こうした生徒の成長につながる素晴らしい取り組みを今後も充実せよ。
答弁:生徒がみずからの生き方を主体的に考え、積極的に発表できる大切な機会として充実に努める。
 

●会派意見

~区政運営に一層工夫を凝らせ~

たばこルールの策定を機に、分煙環境の整備を進めるべきだ。特に、下北沢駅周辺における分煙の徹底に取り組め。災害時の物資や人の運搬体制を強化すべきだ。多くの車両や燃料を保有する自動車教習所やバス会社、タクシー会社と災害時協力協定を締結せよ。

平成29年度 第4回定例議会

2018年01月4日

●一般質問

~保護者や地域と連携した道徳教育~

質問:学習指導要領の改訂により、30年度から道徳が教科化される。子どもの道徳心の育成に向け、保護者や地域の理解と協力を得ながら充実した授業に取り組め。
答弁:地域と協働して子どもの道徳性を育てる教育を推進していく。
 

~キャリア教育の充実~

質問:子どもが将来の夢や職業について考えるキャリア教育を充実すべきだ。区立校を卒業した著名人などを講師として招き、子どもに夢を与える授業を一層展開せよ。
答弁:多様な職業人との触れ合いを通じたキャリア教育を奨励する。
 

~喫煙場所の着実な整備~

質問:区は分煙の推進に向けて喫煙場所の整備を進めるとしているが、用地の確保が課題となっている。駅前広場整備事業などの機会を捉え、着実な整備に取り組め。
答弁:鉄道事業者などへの喫煙場所整備の働きかけを積極的に行う。
 

平成29年度 第3回定例議会

2017年11月20日

●一般質問

~北沢小の後利用に係る検討手法~

質問:北沢小は長年にわたり地域コミュニティーの核として重要な役割を果たしてきた。学校の後利用に向けた検討は、地域住民の声を十分受けとめて丁寧に進めよ。
答弁:地域住民の声を丁寧に聞き、後利用の方針をまとめていく。
 

~吹奏楽コンクールの開催~

質問:子どもが他世代から刺激を受けることは、高い目標を持って行動することにつながる。区内の小学校から大学までの吹奏楽部が一堂に集うコンクールを開催せよ。
答弁:開催場所や運営などの課題を整理する必要があると考える。
 

~避難所での妊産婦への支援充実~

質問:災害時に妊産婦が避難所で安心して過ごせる環境を整備するためには、助産師の力が不可欠だ。避難所に適切に派遣できるよう、助産師との連携体制を強化せよ。
答弁:福祉避難所などで妊産婦を適切に支援できるよう検討する。
 

●会派意見

~区に愛着を持った職員を育成せよ~

世田谷の事をよく知り、区への愛着を持った職員を育成するため、区独自の働き方改革に取り組むべきだ。定時で退庁することを前提として、職員が定期的にまちづくりセンターに出向いて情報交換を行う機会を設けるなど、現場感覚の養成と超過勤務の削減を図れ。

平成29年度 第2回定例議会

2017年09月15日

●一般質問

~区民と近隣自治体住民の交流促進~

質問:自治体間連携を推進する際は、行政レベルだけではなく住民同士のつながりを強化する視点も重要だ。区は、区民と近隣自治体住民との交流を積極的に支援せよ。
答弁:住民同士の連携や交流が一層深まるよう、支援を充実する。
 

~新たな高齢者見守り施策の意図~

質問:区は高齢者見守りステッカー事業を始めたが、仕組みが複雑でわかりにくいばかりか、地区が独自に行う見守りの取り組みとも重複している。無駄ではないのか。
答弁:多様な取り組みと連携して高齢者の見守り施策を推進する。
 

~ごみ減量に係る委員会のあり方~

質問:各地区にごみ減量・リサイクル推進委員会が設置されてから15 年 以上がたち、資源分別などへの区民の意識は既に高まっていると考える。委員会の役割を見直せ。
答弁:ごみ減量などの状況を見きわめながら、検討していく。

平成29年度 第1回定例議会

2017年05月18日

●一般質問

~14歳の成人式の充実~

質問:区立中2年生の代表生徒がよりよい学校生活に向けて議論し、1年生へ発表を行う14 歳 の成人式は、子どもの成長に大きく寄与する取り組みだ。一層の充実を図れ。
答弁:中学生が主体的に取り組む活動がさらに充実するよう努める。
 

~弁当方式給食の具体的内容~

質問:31年度の太子堂調理場の大規模改修期間中に、区は事業者への委託により弁当方式給食を一部の区立中で提供する方針を示した。弁当方式給食の具体的内容を示せ。
答弁:調理した給食を弁当箱に盛りつけて学校に届ける方式である。
 

~弁当方式給食の献立のあり方~

質問:弁当方式給食の実施校においても生徒が喜ぶ給食の提供に努めるべきだ。区は献立作成にかかわり、生徒の要望を反映するリクエスト給食を引き続き実施せよ。
答弁:献立について区がかかわり、リクエスト給食などを行っていく。