令和元年第2回定例会議会

2019年07月31日

●一般質問

~平和資料館改修後の利用状況~

質問:世田谷公園内の平和資料館は展示設備の老朽化を機に、幼児や車いすでの利便性向上を図るため、通路を広げるなどの改修を施した。その後の利用状況を示せ。

答弁:ベビーカーや車いすで移動しやすいなどの好意的な声がある。


~マイナンバーカードの交付促進~

質問:本年12月の証明書自動交付機の廃止に伴い、窓口と比べて安価など利点の多いマイナンバーカードによるコンビニ交付を促進する方針だ。現在の交付状況を示せ。

答弁:5月末現在で16万2128枚、人口に対する交付率は18%である。


~青少年交流センターの発展~

質問:2月に開設した希望丘青少年交流センターは音楽スタジオを完備するなど、若者が集える魅力的な居場所だ。池之上と野毛のセンターと連携し、相乗効果を図れ。

答弁:3センターの職員交流や合同での研修、イベントを検討する。

平成31年第1回定例会議会

2019年07月31日

●一般質問

~危険なブロック塀の改善状況~

質問:区が30年に通学路沿いのブロック塀の安全性を調査した結果、特に緊急性の高い箇所が15件あり、うち12件は手つかずのままだ。改善に向けた取り組み状況を示せ。

答弁:所有者に再度要請し、3件は改善するとの意向を聞いている。


~危険なブロック塀への対策の徹底~

質問:通学路沿いのブロック塀の安全対策を放置し子どもの命を危険にさらすことは許されない。区の調査で判明した危険箇所845件全てにおける対策の実施を徹底せよ。

答弁:ハード、ソフト両面でさまざまな対策を講じ安全確保を図る。


~ガリレオコンテストでの工夫~

質問:ガリレオコンテストは、区立中生徒が自然科学分野の研究を行い発表するすばらしいイベントだ。子どもや保護者の参観者数を一層ふやすための工夫に力を注げ。

答弁:発表時の動画を学校で視聴可能とし校長会での周知に努める。

平成30年第4回定例会議会

2019年01月4日

●一般質問

~マイナンバーカードの取得促進~

質問:区は証明書自動交付機を2019年12月で廃止し、コンビニ交付による証明書の取得を促進する方針だ。全国に5万店舗以上あるコンビニのKIOSKキオスク端末でマイナンバーカードを利用すれば、土日も含め毎日6時半から23時まで証明書を発行でき大変便利だ。しかし、区民のマイナンバーカードの交付率は約15%と低く、まだ必要性を感じないとの声も聞く。自動交付機の廃止後に区の証明書発行窓口に区民が殺到することのないよう、マイナンバーカードを取得すれば行政手続の利便性が飛躍的に高まることをしっかりPRするなど、取得促進に注力せよ。

答弁:区のおしらせでの周知や区施設へのポスター掲示を初めとした多様な機会を捉えたPR、自動交付機利用者への勧奨通知の送付、マイナンバー申請に係る臨時窓口や専門窓口の開設などに取り組む。



 

平成30年第3回定例会議会

2018年11月21日

●一般質問

~環境エネルギー・ラボの継続実施~

質問:環境エネルギー・ラボ2018では大学生の工夫を凝らしたワークショップが好評だった。子どもが環境教育の重要性を学べる大変有意義なこのイベントを今後も行え。

答弁:さらに充実や発展させ、子どもの環境意識の醸成に努めたい。

 

~被災者支援制度の周知徹底~

質問:8月に発生した猛烈な雷雨は区内で242件の床上浸水などの甚大な被害をもたらした。被災世帯の早急な生活再建に向けて災害見舞金などの支援制度を周知せよ。
答弁:災害翌日から支援制度をホームページに掲載し案内している。
 

~自助による豪雨対策の啓発~

質問:区は豪雨対策として河川や下水道の整備推進を図りつつ、多様な媒体で災害対策情報を発信している。こうした公助による対策に加え自助による対策も啓発せよ。
答弁:家庭での対策をPRするパンフレットの配布などをしていく。

平成30年度 第2回定例議会

2018年07月26日

●一般質問

~東京2020大会の機運醸成の取り組み~

質問:東京2020公認プログラム、映画「東京オリンピック上映会」は、大会の機運醸成に資するすばらしい内容だった。今後同様のイベントを行う際は複数会場で開催せよ。
答弁:複数会場での開催を含め、効果的な実施方法を検討する。
 

~希望丘小の体育館機能の回復~

質問:希望丘小体育館は、耐震性能が低い事実が発覚して使用できない状況だ。児童や保護者の切実な願いに応え、耐震補強などにより早急に体育館機能を回復させよ。
答弁:不可欠な施設であり、可能な限り早急な機能回復に努める。
 

~希望丘小の教室数不足への対応~

質問:希望丘小の教室数不足が深刻な状況だ。児童数の増加への対応はもとより、学校が担う地域コミュニティーの核としての役割に必要な諸室をどう確保するのか。
答弁:学校の機能への影響が最少となる手法を考慮し対策を講じる。